お金を借りたいのでアコムのカードローンについて調べてみた

アコムのカードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

消費者金融アコムは法律の改正やCMでのイメージアップで年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているアコムのカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のアコムのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融のアコムのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のアコムのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融アコムのアコムのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融アコムより高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融アコム業者のほとんどは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融アコムの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

通常、消費者金融のアコムのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のアコムのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のアコムのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でアコムのキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

参考:アコムはフリーターでも借りれる?【アルバイトが審査に通るには?】