ヘアカラーの明るさは?

みなさんは、ヘアカラーの明るさは、どのような感じがいいですか? どうしても、色合いばかりが注目されがちなヘアカラーなのですが、明るさも非常に重要な要素になります。
実際に、同じ茶髪でも、明るめの茶髪と暗めの茶髪では、全く色が違ってきますよね。
何よりも、周囲に与える印象が変わってきて、自分をどう見せたいか、どう演出したいのかの点において、髪の毛の色の明るさはかなり重要です。
基本的に、髪の毛の色の明るさは「レベル」で、表すのです。
レベルの数は、1~18までとかなり多く、数字が小さいほど暗くて、大きいほど明るいことを意味しているのです。
ちなみに、日本人の黒髪は、レベル3~4程度なのです。
明度が高いレベルの髪の毛の色に仕上げる場合「ハイライト」と言うのです。
ハイライトは、元の髪の毛の色よりも、明るいレベルにする場合を指して、日本人でいえば、レベル5以上にすることをこう呼ぶのです。
そうなれば、軽やかな印象が生まれて、華やかさも生まれるのです。
一方、元の髪の毛よりも暗くする場合には「ローライト」と言うのです。
アクセントとしても、とても有効ですよね。
ヘアカラーの明るさは、色合いと密接な関わりがあって、どの程度明るくするか、あるいは暗くするかで、その人のセンスが、かなり現れるのです。
ガゴメ昆布ヘアカラー